金言−357:冷蔵庫

————————————————————————–
週末に冷蔵庫が冷えなくなり、とりあえず修理を依頼しました。交換部品代と作業
料で17000円になるといわれました。2万円で買い換えはできないため修理を
選びました。修理に来てくれた技術者との雑談で、冷蔵庫は15年使えるという意
外な事実を知りました。1時間程度の作業中に、最近修理の依頼が多い家庭電化製
品、メーカーなどを教えてもらいました。17000円で現場の情報に触れること
ができ、得した気分を味わいました。

1)冷蔵庫の買換え時期
買って4年では、買換えの必要はないということです。最近の省エネ家電のテレビ
CMの話をしたところ、実際の省エネ効果は、電気代で年間500円程度といわれ
サプライズでした。カタログ記載の省エネ数値と実際の数値が違うというのは、ク
ルマのカタログ燃費と実際の燃費の差という経験則を当てはめれば容易に納得でき
ます。それに低価格の冷蔵庫に搭載されている基板は、高機能で高額なタイプに比
べるとシンプルです。密閉して冷やすという簡単な機能なので、高度な技術革新の
要求はあまりなさそうです。

2)冷蔵庫のバックアップ
冷蔵庫が突然壊れた場合に備えて、もう1台安価な小型冷蔵庫を買うことを検討し
ているといったら、省エネを考える消費者がすることではないとその技術者に反対
されました。電気代だけで年間5000円は余計にかかるからです。

3)冷蔵庫を持たない家
その技術者から聞いた話です。都心の一等地にある大邸宅に住む元貴族という由緒
正しい家に家電の修理に行った際、大きな台所に冷蔵庫がなかったので、その家の
大奥様に理由をうかがったそうです。答えは、「都心に住んでいるので、必要なも
のを必要なだけその都度手にいれることができるので、冷蔵庫は不要。」とのこと
でした。

4)中国製品
毒粉ミルクが報道され中国食材のリスクがさらに高まりましたが、電化製品でも同
様なリスクがありそうです。修理の現場の話では、不具合が出た電化製品を開ける
と、基板に各素子を固定化するための半田に劣悪なものが使われていることがわか
るといいます。半田は、鉛と錫を主成分にした合金ですが、意図的に、コスト削減
のために錫の含有量を減らしたものを使っているといいます。当然、要求されてい
る品質なり耐久性を満足しないので、使っているうちに不具合の発生率が高くなり
ます。

いままでは、漠然と、中国製品は日本の標準的な技術力や品質管理工程と比較して
劣るので、「B級品」と思っていました。その技術者は、人工衛星で人を打ち上げ
ることができる高度な技術力がある国だから、技術水準が低いはずがないといいま
す。ということは、低労働コストに加えて材料費も削減し、価格競争力のある製品
を生産できる技術大国ということになります。つまり、技術や環境が未成熟のため
にB級品しか作れないのではなくて、品質を犠牲にして安いモノを出荷しているわ
けです。

5)昔のフルサイズのアメ車
中国のモノづくりと同じようなことを米国も昔やっていました。地球と月を往復で
きる先進的な技術を持つ国が、主要産業であるクルマ業界で手を抜いていました。
砂漠を走行中でも、エンジン出力が落ちてもタイヤがパンクしても人が住んでいる
ところまでは何とかたどり着くことができるヘビーデューティな車はつくります。
しかし、どのような環境でも一発でエンジンがかかり、雨漏りもしない、錆びない
、故障もほとんどしないという、人工衛星を作る技術があれば初歩的なレベルの品
質が、アメ車の標準的品質ではありませんでした。コストがかかるので、やらなか
ったのです。

昨今、知っているのに知らないふり、賢いのに愚かなふりをして、馬鹿にされてギ
ャラを稼ぐ一部のタレントに対して抱く不快感と同様不愉快です。

6)技術力では負けない
日本は「先進的な技術では世界屈指の大国だ」という自負は、ビジネスの世界で負
けている言い訳に聞こえます。昔、首位を狙える位置にいた某クルマメーカーが、
トップに大差をつけられて負け、その後は下位メーカーに2位の地位も奪われてい
ます。それでも「技術力」を優位性として掲げているとしたら、負け犬の遠吠えに
聞こえます。

関連記事

  1. 音楽無し
PAGE TOP