金言−356:家庭教師

9月初めに大分県は、今年度採用した教員のうち、採用試験の点数を水増しして不
正に合格した教員に対して採用取消し処分をしました。処分された人の中には、ク
ラスを受け持っていたために、児童から居残って欲しいという声も聞こえ、1年間
の臨時職員として留まることにした若者もいました。10月からは、本来合格して
いたはずの若者があらたに採用され、教育現場に配属されるようです。そうなると
、採用取消処分を受け、人道的な措置で居残った臨時職員の居心地はますます悪く
なることでしょう。20代前半でかなりの精神的負荷を経験することになります。

一方で、採用取消し処分を受けた若者と同世代のカリスマ家庭教師という人たちが
メディアに登場しています。あるカリスマは、東大医学部を中退し、家庭教師の職
を選んだそうです。この若者の教え子は30人以上が東大に合格しているといいま
す。東大の入学試験に合格した若者は、自分自身が証明した合格ノウハウを商材に
したビジネスを選んだわけです。

教員採用試験で合格水準に達しないような若者が地方公務員として学校で教師をや
り、試験ではこの若者たちよりはるかに良い成績をとる「受験の神様」たちが、私
企業で家庭教師や塾講師をやっています。身近にも一人いました。この人は、大学
入学早々、生活費の足しに家庭教師のアルバイトを始めました。相手の受験生は、
慶応医学部を目指していました。1年間家庭教師をやり、教え子と一緒に慶応医学
部を受験し、みごとに二人とも合格しました。そして、この家庭教師は、国際基督
教大学を中退、慶応医学部に入りなおしました。今頃はどこかの病院で出世してい
るにちがいありません。

家庭教師と学校の教師の違いは、学校を卒業した後、現実の社会にどう適応してい
くかの意識の違いにありそうな気がします。

関連記事

  1. 宝くじ
  2. 同窓会
PAGE TOP