金言-1080:システム手帳を捨てました

24時間働けますかという栄養ドリンクのCMが流れていた時代。
銀座の文房具店で買いました。高額商品でした、リフィルも毎年買い増し。5年は使いまし
た。当時は同僚の欧米人が使っていて、分厚いファイロファックスとキャップの頭に白い星の
ついた万年筆は会議の席ではお約束のビジネスツールでした。
給料の額より接待会議費の方が多かった時代でした。もちろん売上利益貢献額の1%未満でし
たから、どうやって使うか苦労する日もありました。
当時のメチャクチャなカネの流れのなかで、このファイロファックスにいろいろなことを書き
込んでいました。残っていたメモをみると取引先や知人の誕生日、結婚式、洋服や靴のサイズ
などが記入してあります。それぞれの記念日にモノを用意して宴席を設け、商いの足しにして
いた証拠です。

そういう自分なりのバブルの遺品をこのたび断捨離しました。
いまどき分厚いシステム手帳をかかえて会議はありませんし、テレワークやデジタルツールの
活用で、この先出番があるはずはありませんから。

関連記事

  1. 報酬
PAGE TOP