202109-492:それが何か!

マルタマ

今度は東京2020後始末でマスクなど衛生備品500万円相当を廃棄したと放送されました。弁当を10万食以上廃棄もしています。
おそらく、何とかパーソンにしてみれば、いつもやっていることで部外者にとやかく言われる筋合いではないと考えていると推察します。
ただし、運動会が協賛金やスポンサー料やボランティアで時給自足で催行できる場合です。興業費用の不足を開催地の税金で穴埋めする場合は別の話です。

とにかく、弁当にしろマスクにしろ、仕入れ代金を支払い、廃棄料金を支払っているのですから商行為としては合法です。世の中には、製品の仕入れ代金を踏み倒し、商品を販売しても納品しないという悪徳商人がたくさんいます。それに比べれば、組織委の粗相は反社組織の悪さとは比較できないほど合法ですし、不当でもある行為です。

結局、東京2020はコロナ禍で多くの人々が喜んで迎えることができない有事に行われ、かつ巨額な税金が投入され、おまけに興行主が私腹を肥したという業界では暗黙の了解事項が納税者にばれてしまったことがいけませんでした。
平常時なら興行主の悪さは想定内で、納税者は何も知らずにお祭りを楽しんでいたはずです。

関連記事

  1. ボウリング場
PAGE TOP