202004-129:ウェブ会議の効能

2回目のウェブ会議をこなしました。
10年近く月1回の長野出張を続けてきましたが、中華圏の旧正月あたりにウェブ会議に切り替えることをクライアントに提案し実現しました。そうこうしているうちにパンデミックとなり、幸運にも早めのリスク回避ができました。
ウェブ会議用に物色していたスピーカーマイクもコスパの良いものが手に入りました。
おそらく、マスクやトイレットペーパーと同じでテレワークが増えているので品薄になっていると思います。
ところで、2回目のウェブ会議で気がついたのは、往路の疲れが伴わないことで、会議中に疲労により集中力が途切れることがないというメリットがあるということです。それと、移動中の飲食や会議茶菓子代や土産物など、経費に計上しにくい出費がなくなるというメリット。
なにはともあれ、意思疎通が十分にできる良好な取引関係が保たれているおかげです。

関連記事

  1. ポタリング
  2. 経営者
  3. 灰皿
PAGE TOP