金言:268:第二幕では、脇役を遠慮します

1)こだわり
小さいことに執着して融通のきかないことを、「こだわる」といいます。ネガティブ
な言葉です。「シェフのこだわりの一品」などは、適切な表現ではないようです。
まっ、そういう他人の言葉の誤用に気をとられることも、こだわりのひとつなので、
年が改まったことですから、こだわらないようにしたいと考えます。

2)脇役
しがない勤め人稼業が長い人生では、思わぬ主役のオファーがくると躊躇してしまい
ます。主役はやったことがないというだけのことなので、失うものなどそれほどない
のですが、その先に何か底知れぬリスクがありそうで不安になります。一方、脇役は
、こればかりやっていたので安心で居心地がいいのです。時々、主役の無責任な行為
によって生じた損害の責任を負わされることはあります。

3)ブラックボックス
脇役は、いつもだれかのために、「納期厳守、品質向上」とかいうサポートサービス
を提供して暮らしてきました。与えられた業務を要求されたレベル以上でこなすこと
ができるということが、「脇役のこだわり」のひとつです。しかしながら、主役が交
代すると不要になる脇役もいます。個性の強いこだわる脇役には、常に出番がまわっ
てくるとは限りません。主役は感覚的に自分をサポートするスタッフをキャスティン
グします。こだわるような人は使いにくいし、自分のパフォーマンスに脇役のブラッ
クボックスをいくつも抱えたくないはずです。

4)第二幕
脇役で定年になっても、嘱託や契約で半値以下なら脇役サービスを買ってもらえるか
もしれません。これならリスクがないと勘違いして、次のステージでの今までどおり
とは異なる役を辞退してしまいます。
現実では、指揮命令系統とは無縁の場所で暮らしているのにもかかわらず、あいかわ
らず夢のなかでは、様々な職場の上司がランダムに登場し、指示をしたり報告をもと
めたりしてきます。脇役で長年かけてこしらえたブラックボックスの中身を、事業の
継承とかいう理屈で公開するのは、もったいないです。第二幕は、ブラックボックス
保有者宣言をして、脇役は遠慮したいものです。
東アジアの半島では、核保有国宣言をして大国とため口をきこうとしている人がいま
すが、これとは別の話です。

◆あとがき

本年最初の3連休初日は低気圧が台風並みに発達して、雨でした。雪が少なかったス
キー場は大雪といいます。今年の夏は温暖化とエルニーニョで猛暑らしいです。
お天気次第の商売と無縁の昨今、ウォーキングやサイクリングの都合で毎日の天気が
気になります。

関連記事

  1. キャッシュレス
PAGE TOP