202201-30:森永卓郎氏の30年後の占い

厚生年金13万円。老後に備える貯蓄は5000万円。
バブル崩壊後に年収300万円の本を書いて名を成した人の占いです。

氏は13万なら13万で暮らせるようにしたらいいといいます。
ミニマルな暮らしが一部の人たちの好みではなく、生き延びるためのデフォルトになるわけです。
年金支給額がすぐに13万になるわけではなく、2年おきぐらいに徐々に減少していきます。それに合わせてダウンサイジングしていけばなんとかなりそうな気もします。
これから30年というと、10年おきにどこかで大きな天災・人災が起きていますので2〜3回未曾有の危機に遭遇して生き残る前提です。
月13万円の年金生活の前に、いくつかの天災・人災・疫病に打ち勝っていることになります。十分な免疫力と精神力と幸運に恵まれているのですから、少ないカネでもしぶとく生き残る気がします。

関連記事

  1. 同窓会
  2. 不買運動
  3. 新聞紙
PAGE TOP