202104-197:左足の靴底が剥がれました

新品の靴で3万歩ほど歩いたら、左足の靴のアウトソールが剥がれました。右は問題無し。
効き足が関係しているかもしれません。効き足のせいで壊れたのではありませんが。

効き足は、
ボールを蹴る足
靴下を最初に履く足
最初に踏み出す足

ボールは高校のサッカーの授業以来蹴った覚えがありませんが、先日道路に落ちていた紙切れをふと蹴ったときは左足でした。
靴下は左から履きます。
一歩踏み出すのはどちらか決まっていません。
標高1200メートルほどの登山をすると、左の足裏が皮が向けても右足裏はなんともありません。
自転車で一時停止の際は、左足をつきます。これは道路の左路側に停めるので左足です、右足をつくと車体が右に傾き後ろから車にぶつけられる恐れがあります。

ということで左足に負荷がかかることが多いため、靴も左足のほうが痛みやすいということになります。

関連記事

  1. 灰皿
  2. 大山
  3. 免許証更新
  4. めだか 水槽の水全部抜き
PAGE TOP