金言-136:携帯電話

先週、運転免許更新で、30分の講習を受けました。ビデオで運転中の携帯電話使用
がどれだけ危険かということを説明してくれました。スリーダイヤの自動車と同じく
らい危ないことがよくわかりました。ぜひ情報共有していただきたいと思いました。

1)ビデオの内容
ドライバーの視点で、市街地を走行しているムービーが流れます。途中からナレータ
ーが、一時停止の標識による停止の回数と、奇数の数字が何回音声で流れたかそれぞ
れの回数を数えるように言ってきます。スタートの合図で、ムービーがスタートし、
一時停止の標識により一時停止をする場面と、安全確認のため標識がないところでの
一時停止している場面が繰り返しでてきます。同時に、一桁の数字がランダムに聞こ
えてきます。

2)回数をかぞえる
受講者は、一時停止の標識による停止回数と、奇数の数字が聞こえた回数を数えます。
ビデオは2分ぐらいですが、目で見たものを数え、同時に耳で聞いたものを数えるこ
とが以外と難しいことがわかります。意識して視覚と聴覚を同時に働かせても、10
0%完全に認識するのが困難なことが簡単に分かります。

3)走行中の携帯電話の使用禁止
確かにこの法律は事故防止に有効と納得しました。なぜかというと、自分が数えた結
果と警察が正解という数字が合っていなかったからです。危険回避のために停止した
り横から飛び出してきたりするのを感じると、バックで流れている音声が飛んでしま
います。これは、もし携帯電話の内容が込み入っていたり関心を引くものだったりし
たら目の前にある動くものへの反応が鈍くなる危険があります。走行中はバスの運転
手に声をかけてはいけませんという注意は子どものころから聞いていますが、本当に
必要なことだったとは運転免許を何回も更新していて初めて気がついた次第です。

4)教訓
金にならないリスクには触らないことが賢明です。主たる業務でとるリスクは、リタ
ーンが期待できますが、リターンが期待できない、メインのビジネスに無縁のリスク
は、避けて通らなければいけません。二つのことを同時にうまくできないからです。
回り道をしても間に合うほど、時間に余裕はありません。

◆あとがき
湘南の海の家を800万で買わないかと言う話がありました。去年の夏は全滅で、経
営者は高齢となり、手放したいということでした。800万と聞いて買えると今なら
思いますが、物理的に毎日砂浜にでて日焼けと脱水状態には耐えられません。お天気
次第の商売は、仕掛けや工夫があまり必要ありません。快晴なら儲かり、雨がふれば
その日は赤字です。日銭の商売ですからアルバイトに恵まれないと、晴れても損をし
てしまいます。さらに稼げる期間は梅雨明けの7月中旬から8月末日までの晴れの日
だけです。

それでは、オーナーになって、誰かに委託するのはどうかというと、これもいただけ
ません。パチンコが得意な人に、玉代を融資するようなもので面白くありません。8
00万投資するより、平日にリゾートホテルのプールサイドで日経平均の動きを眺め
ていたほうがカネになりそうな気がします。

関連記事

  1. お中元
PAGE TOP