201907-926:都内のマンション空き室70万戸

仲介

トークショーでタワーマンションがたくさん建っているなかで中古マンションがだぶついているそうです。マンション住人は空家が増えて管理費のプールがおぼつかなくなり、将来的にはスラム化を心配しています。スキーリゾートマンションはとうの昔に資産価値が激減し、販売会社が転売の仲介をしない物件となっています。
ひとえに少子高齢化が原因と後講釈は決まっています。

東京2020の選手村の跡地にはタワーマンションが林立するようですが、首都直下の有事が迫っているなか、地震・津波・液状化などのリスクは夜空の星が落ちてくるのを心配するようなものと、タワーマンション建設・販売業者は消費者にリスクオンの買いを推奨しています。

避けられない近未来の有事がまだ起きていない現在、否定的に生きるよりは避けられない宿命として淡々と受入れ、問題ない今このときをキリギリスのように楽しんだ方がいいかもしれません。70万戸空き室があっても、次々に新築するのは諸行無常、強いものが生き残り弱いものはいずれ朽ち果てるという栄枯盛衰の理ということでしょう。

関連記事

  1. こむらがえり
PAGE TOP