金言-75:心を潤す、からだを癒す

1)オーナー:創業34年の横浜ハンバーグレストラン

2)宣伝コピー:「お肉って、すごい」
外国で、バスなどに乗って気がつくこと。早朝であろうと、眠気を誘う昼下がりであろうと、居眠りをあまり見かけません。治安云々の事情もありますが、その違いは食生活にあるという説があります。

欧米人の食生活は肉類や乳製品が中心。何でも食べれば体温は上昇しますが、特にタンパク質はこの作用が強力。中でも肉類は速効性、持続性の高さを誇ります。そこで、朝早くから体温の高い欧米人は通勤途中に舟など漕がないというわけ。

3)居眠りをしない

このレストランは、神奈川県に集中し、県外には出店しませんでした。そのかわり毎年拡大し、どの店も繁盛していました。ところが、O157を出して営業停止を経験しました。それまでの拡大路線があだとなり、一挙に財務内容が悪化しました。信頼性を回復しかけたときに、非運にも今度は狂牛病が出てきて、牛肉のみのメニューが命取りとなりました。壊滅的な打撃を被りとうとう身売りされました。今では当時の暖簾をかかげる店が3箇所に縮小されています。

オーナーが代わって、当時の元気はなくなりましたが、主力のメニューは継承されています。牛肉で商売している店が居眠りをしてはいけません。

◆あとがき

最近は、出勤前にTVの星占いを見ています。今日の星の動きが悪いときは、それを跳ね返すおまじないをなるべく実行するようにしています。もう右肩あがりの経済成長はなくなったのですから、何もしないとどんどん悪くなってしまいます。何かをすれば余命が少し伸びるというところでしょうか。長く生きていて良かったという時代が来ないと悲観したら来るものも来なくなります。

まずは、物理的な体力をつけて、困難な時代をしのいで暮らしていきましょう。

関連記事

  1. 令和
  2. サービス残業
  3. 天王洲アイル
PAGE TOP