金言−878:30年連敗

2015年に2000億円近い赤字を出して台湾メーカーの傘下に入ったシャープ。台湾人
経営者が翌年から黒字にするとコミットし、実際に黒字転換しました。
日本の自動車メーカーを傘下にしたフランス企業から送り込まれた仏人社長は胡散
臭い感じがしました。

欧州の名門企業に資本参加した香港人のオフィスを訪問したことがあります。資本
参加した企業の社章をスーツの襟の裏に着けているのを、ウインクしながら見せて
くれました。もうひとつ印象に残っているのは、躓きそうになるほど毛足の長いふ
かふかのカーペットです。高そうな感じでした。

台湾人の、こちらの経営者は日本語を話し、日本では社員寮に住み、飛行機はYク
ラスとコスト意識を傘下の従業員に目に見える形で示しています。当然のことなが
ら信賞必罰です。

深センの工場でよく見ました。大きな工場でミシンが並んでいて、所々に赤い旗が
立っていました。壁新聞にも表示されていましたが、旗が立っているミシンを使っ
ている従業員は成績不良で見せしめになっていました。シューズ製造工場では、従
業員がサンダルや粗末な布の靴を履いていました。たくさん製造しているのだから
、C級の出荷できない靴を支給したらいいのにと工場長に言ったことがあります。
返事はNOでした。従業員が良品に手をつける、支給品を換金する、悪さをしても見
つけにくくなるとのことでした。

こういう環境で結果を出してきた経営陣ですから、品質は世界一とか言って大赤字
を出した日本大企業のテコ入れは簡単だったに違いありません。就任時に来年は黒
字にするとコミットしたのですから。そして結果も出しています。米国に20年連
敗、更に昨今はレッドチャイナにも負け始め、失われた30年に更新中です。我が国
は、そろそろ年貢の納め時なのかもしれません。

関連記事

  1. 増税
  2. ギャザリングテーブルパントリー
PAGE TOP