金言−695:上質なモノを少しだけ持ち、大切に使う

「フランス人は10着しか服を持たない」というジェニファー・L・スコット著
(大和書房)の本が断捨離の背中を押してくれます。
昨今、断捨離とか一日2食の少食など、シンプルで健康的に暮らす指針となってい
ますが、ジェニファーさんはその暮らし方の基本となる「姿勢」とか「心」を教え
てくれました。
「間食はせず、食事を存分に楽しむ。上質なモノを少しだけ持ち、大切に使う。日
常のなかに、ささやかな喜びを見つける・・・」この一節が、断捨離と少食に、そ
の意味とか価値を与え、いっそうの励みになりました。
自分なりの誇りある暮らしのなかに、上品なおしゃれと自分らしさを表現する楽し
み方があるということを教わりました。
山奥の質素な庵で不便を我慢して暮すよりは、パリのアパルトマンで、良質でささ
やかな喜びのある暮らし方を選んだ方がいいのかもしれません。
加えて、現在の住まいをパリのアパルトマンもどきにすることの方が、人里離れた
庵にするより実現可能性が高いですし。

関連記事

  1. 大泉洋
PAGE TOP