金言-4:愛着を感じる

1)オーナー(発言者):システムエンジニア(高度情報処理技術者)

2)紺屋の白袴:「長年の愛着がある。変えたくない」

現在の事業分野に限界があることが明らかになり、創業20年になるこの会社は新規
分野を事業の柱に加えることによって、生き残りをねらいました。そこで、これから
はちがうぞということを、目に見える形で表現しようと社名変更をすることにしまし
た。社名が変われば当然ロゴマークも変わります。

ところが、情けないことがおきました。何と20~30代の若手システムエンジニア
から反対の声があがりました。社員の30%が現状のままを希望しました。社歴5年
の若者が、現在の社名・ロゴマークに愛着があるので変えてほしくないというのです。

この会社は、企業の情報システム開発を生業としています。日頃、ビジネスプロセス
の革新とかいって、抜本的な経営革命を今実行しなければ生き残れないという追い風
の中で売上と利益を増やしてきた会社のひとつです。

既存の情報システムを次期システムに置き換える、または経費削減のため、その場し
のぎの接着剤を使って多様なシステムの統合をはかることを、顧客に提案しながら、
一方で自分の会社は5年10年前と同じでいいと、社員は考えているわけです。

これから新しい事業分野を担っていく若い技術者が、入社時の会社のイメージに愛着
をもち、変化を嫌ったのです。

3)ボトルネック

このケースは、世の中ITということで注目され、それを商売にしている情報処理産
業の従業員の、お寒い精神構造の実態をあらわしているということで片付けては「金
言」の役割が不十分です。

既存システムを否定するところから、商売がなりたつ会社の従業員、それも若手の社
員に自分の会社は「従来どおりがいい」「愛着がある」といわせた裏には、何かがあ
りそうです。

☆アフガンの兵士状態

9月11日のニューヨークの被害状況がアフガンでは正しく報道されないので、国民
は突然アメリカが攻撃してきたと思っているかもしれません。これと同じことだった
のでしょう。経営サイドからの断片的な指示や情報開示では、社員は変化に対応する
ことができません。

☆種嶋シンドローム

目と耳から入力された情報が脳に伝わり、判断し、結果が言葉として表現されるまで
に、周りの人とタイムラグがある人。こういう人が変革を指示したら、社員は変化を
嫌うでしょう。常識的な選択に対しても「自分はそうは思わない」と破産したUSS
Rの党員もどきのことをいわれたら、一般社員はひいてしまいます。この人の勢力範
囲にいたら、狂牛病に感染してしまうので社員は緊急避難を選びます。

これを種嶋シンドロームといい、この会社は負け組みとなってしまいました。

☆ボトルネック

結局、情報と知恵の共有に重要な役割を果たすべき人物が、流れをせきとめていたら
、ITの先端企業、高度情報技術者集団といえども「紺屋の白袴」になってしまうと
いう実例です。

関連記事

  1. 自己破産
PAGE TOP