金言−549:有事に備える

飲酒が原因で亡くなる人の数が311の犠牲者の数と同じぐらい、喫煙については
8倍とだれかがテレビでコメントしていました。数字はともかく、煙草と酒が死を
招いていることは間違いなさそうです。

311以後、政府は放射線物質による健康被害を軽減するために多額の国費を投入
しています。一方確実に毎年犠牲者がでている飲酒や喫煙については、有害物質を
提供している企業からの税収入を確保しつつ、過剰摂取による健康被害を減らすた
めの啓もうにとどまっているような感じです。

もちろん、飲酒・喫煙の効能を否定するわけにはいかないでしょう。適度なアルコ
ールは健康維持に有用と有識者はいっていますので。

しかしながら、毒は摂取しないほうがよさそうです。免疫力が体内の毒素やウイル
スを制しているうちは問題ありません。経年劣化です。団塊の世代は、免疫力が落
ちいままで制していた毒に負けてしまう時が早晩やってくるにちがいありません。

子連れ狼「拝一刀」のように、「酒は嗜まない」とクライアントにすすめられても
断り、有事に備えたほうがいいかもしれません。

嗜まない日が14日連続となりました。

関連記事

  1. ミネラルウォーター
PAGE TOP