金言−678:政治とカネ

政治とカネの問題で野党が元気です。自民党が野党になる前夜、農水省の大臣が粗
相してお粗末な言い訳をして退場しました。見かけは、あの時と同じような政局で
すが、これで自民党が過半数割れになるようなことは考えられません。簡単な理由
です、代わりがいないからです。民主党に失望させられたので、あのような愚行を
有権者は当分しませんから。
政治家が自らの政治活動費を報告して、不適切な支出を指摘された際に、「秘書が
使った、自分は行っていない」というのは、笑点大喜利なら山田君に座布団全部を
持っていかれるようなお粗末な回答です。
バーへの支出を自分の政治活動費として計上したのは事実だか、「そのバーに自分
は行っていない?それがどうした」の世界です。そんなつもりでなかったという、
よく聞く言い訳と同じです。
この際、全議員の5年さかのぼっての政治活動費を第三者機関に精査してもらったら
いかがでしょう。蓮舫さんも真っ白とは思えませんし。

関連記事

  1. 増税
PAGE TOP