金言−679:自転車の話

壮年期の父が夢に登場。重くて頑丈そうな自転車に乗っていました。
夢から覚めて気がつきました。父は大正時代の生糸問屋の跡取りの長男で祖母から
自転車は危ないという理由で禁止され、生涯自転車に乗ることはありませんでした
し、車の免許も持ちませんでした。父の弟も妹も同様でした。

ふと思うに、現在の子供たちは全員自転車に乗れそうな気がします。小学校の体育
では一輪車に乗るそうですし。

団塊の世代としては、子供の頃近所の自転車屋さんには子供用の貸自転車がありま
した。当時5円とかで1~2時間借りて遊んでいました。なにしろ、コロッケが1
個5円でした。正月に父からもらったお年玉は10円でした。(これだけは今でも忘
れずにしっかり覚えています。)

父は晩酌すると、大きくなったら自転車を買ってやるとよくいっていました。実際
の話、大きくなった時には、バイトをして400CCの自動二輪を買いました。サラ
リーマン時代は乗用車に替わり、その後何台もの新車を乗継いできました。

今では、玄関先に5000KMは走っているクロスバイク、書斎には乗らない日が多い
「ピカピカ」のロードバイクがインテリアのように置いてあります。

懐かしい昔を、今朝の夢は思い出させてくれました。父に感謝です。

関連記事

  1. 神輿を担ぐ
PAGE TOP