金言−335:聴くと見える

某民放ラジオ局の月曜早朝、放送開始の際に流れる曲の歌詞に、「聴くと見える」
という一節がありました。暗闇の中、夢現のぼんやりとした状態で聞いているので
前後は覚えていませんが、この一節が残りました。「話せばわかる」と同じような
ものでしょうが、最近よく目にする「見える化」とは異なる感じがします。「見え
る化」は、多分「可視化」をひらがなで言い換えたものと想像します。

「聴くと見える」は、積極的に聴くことによって何かがわかる、またはわかってし
まうということを意味するものと理解します。百聞より一見の方が、効率が良いと
いいます。しかしながら、事前に一見もできない、または許さない件については、
一聞から始めることになります。同じような案件をこなしていると、一聞でわかっ
てしまうことがあります。相手方の声の高低、音量、滑舌に表情、しぐさ、服装な
どの見える要素を加えると、だいたい第一印象で、案件の成否が見えてしまいます
。見えるというのは、初期段階の予想なので、実際にその案件に着手した場合、結
果は予想に反するかもしれません。結果にいたる過程は、不確実な条件や隠れた瑕
疵などが複雑にからんできますので、常に予想を裏切る可能性があります。

それでも、予想を裏切る結果を何件もこなしてくると、自分の成功パターンを形成
することができます。意思決定するときには、他人のアドバイスに影響されてはい
けません。失敗すると、その他人のアドバイスが悪かったと思ってしまい、肝心の
ビジネスプロセスで行った不適切な選択が生き残ってしまい、次にまた同じ選択を
繰り返す恐れがあるからです。反省はしない、他人の話は聞かないことが多いので
すが、ビジネス案件は商談相手の話しを聴くと先が見える気がします。

関連記事

  1. 喜ぶ
  2. 金言 サボリーマン画像
PAGE TOP