金言−336:閃き

フランス版田中角栄といわれた仏人政治家がITバブルのひとつ前の80年代バブ
ル期に活躍していました。この人はゴジラのような風貌にもかかわらず、大半の女
性有権者の支持を受け、人気がありました。パリでタクシーに乗ったとき、ラジオ
からこの人の名前が頻繁に流れていたのを覚えています。帰国してわかったのです
が、この時ラジオで名前が何回もでてきたのは、人気者だからでなく、現職の国会
議員が、昨今原子力関連で注目されている日本の電機メーカーがからむ脱税疑惑と
ご自身がオーナーであったサッカーチームの八百長発覚で、話題になっていたから
でした。

とにかく、この人は、有罪判決で政治生命を絶たれるまでは、右肩上がりの好景気
の下で米国のトランプ氏と並ぶ事業家として、とても豪快な生活をしていました。
地中海に3本マストの豪華ヨットを浮かべ、もちろん美人の奥様との円満な家庭を
営み、事業では次々とM&Aで富を蓄え、政治家としてはミッテラン氏の片腕とし
て大活躍と報道されていました。

前置きが長くなりました。この人が所有するスポーツブランドのひとつを日本市場
で展開することになり、突然、日本企業との交渉窓口としての代理人のオファーが
ありました。この契約は、エリーゼ宮の近くにあった彼の個人事務所でまとめたの
ですが、今思えば、無謀でした。事前に、日仏双方の法律専門家の確認をとること
もなく、2時間程度で契約書をタイプアップしサインしました。権限をもった人が
直接持ちかけてきた案件ですから、その場で意思決定を求められます。法律的な問
題は後日金銭で解決すればいいというのが、何でもありの根拠でした。

アシスタントの話によると、この人は四六時中、側近に夥しい数のビジネス案件の
実行を指示されたそうです。1000の指示があれば3件程度が実現可能なものだ
ということでした。この人から、金の匂いのするアイデアが次々と噴出してきます
が、それを可能にしたエネルギー源のひとつが、ステーキだったそうです。大量の
牛肉を瞬く間にたいらげ、摂取したカロリーがとてもおいしいビジネスの閃きに変
わりました。

アイデアは常に外部からの刺激(情報)によって生まれるそうです。会議室でのブ
レーンストーミングという力仕事によるものではありません。政財界の有力者と接
触し、いろいろな現場を視察し、南仏プロバンスで日光浴をし、地中海でヨットを
浮かべ、シャンゼリゼ通の近くのイタリアレストランで、「いい刺激」を受けたに
ちがいありません。きっと、たくさんの刺激的な感動に即座に対応することで、巨
万の富をもたらすアイデアが次々に閃いてきたのでしょう。

この人は、バブル期のM&Aで使い切れないほどの資金をかせぎ、バブル崩壊後は
、払い切れほどの負債を負い、退場しました。盛者必衰。そして、閃きには、たく
さんの感動と刺激が必要なのだと教えてくれました。お金で買えない感動です。

関連記事

  1. サンドウィッチマン
PAGE TOP