金言−299:だれのおかげ

昔、景気の良かった頃、新聞に秘書の求人広告をだしたことがあります。欧米人の手
書き文字が読めるかどうかをチェックポイントにして数人を面接しました。その中に
、いまだ健在のフランス人タレントの秘書を辞めたという方がいました。辞めた理由
は、テレビで見るイメージとは異なる雇い主の横暴な態度でした。従業員の給料の原
資は100%雇い主個人の稼ぎであるという考えで、「だれのおかげで給料をもらえ
ると思っているのか」と頻繁に言われたとのことでした。公私の区別なく、使用人と
してこき扱われ情けない思いをしたようです。

フランス版田中角栄といわれた仏人実業家が、当時の会社の命運を握っていましたの
で、フランス語がわかり、フランス人の下で働いていたという履歴に期待しました。
結局、この方は上司の社長との面接で、暗いというパーソナリティが災いして、不採
用となりました。応募者は、あのフランス人タレントの老婦人の秘書として働いた辛
い日々を、涙を流して説明してくれました。涙は、面接した社長がよく使う得意な武
器なので、応募者の流す涙に意思決定が影響されることはありませんでした。

雇用する側は、わがままです。雇用される側は、限界まで辛抱しなければなりません
。高倉健が演じた任侠の舞台と同じようなものです。義理と人情をはかりにかけて、
義理が重たい世界では、志ある従業員は、限界まで辛抱する美学を好みます。

別の感覚をもった経営者もいました。零細企業のこんな会社だから、それなりの人材
の採用は望めないといいます。採用する際、学歴も能力も高望みしません。採用して
もどうせ悪さをすると考えていて、大事な仕事をまかせません。従業員側も人並み以
上の能力を要求されていないことを知っています。この会社では、義理も人情も重た
くありません。ただ毎日、次の給料がもらえるように経営者の気まぐれな期待に沿っ
て働きます。仕事の成果が経営者の計算どおりにでなかったときには、罵倒されます
が、頭を下げてじっとしていれば、嵐は30分もすれば治まります。この会社でも、
経営者は「給料がもらえるのはだれのおかげか」とか、「他で雇ってくれる会社はな
いぞ」と繰り返し、B級従業員としての自覚を促します。

会社のキャッシュフローに責任のない営業マンは、会社が計上する利益はだれのおか
げかと、ビールを飲みながら叫びます。キャッシュフローに悩まされる経営者は、会
議室で燃費の悪い従業員を恨めしく思います。

窓の外では、アブラゼミが残り時間を気にしながら、にぎやかに鳴いています。

◆あとがき

今年2月に自転車(クロスバイク)を購入したしました。早朝ポタリングで2500
KM走りました。最近は、月間600KMを目標に早朝5時から多摩川かぜのみちを
走っています。7月は雨と風で走れなかった日が多かったのですが、それでも何とか
目標を達成しました。ビジネスでの目標達成は、自分ひとりではできないので、歯が
ゆいところがありますが、早朝ポタリング月間600KMの目標は、100%個人プ
レーによって達成可能です。雨と風が外的要因ですが、これは「しょうがない」です
。ペダルをこぐたびに異音がし始めたので、自転車屋さんに見てもらったら、チェー
ン交換をすすめられ、その場で交換してもらいました。2730円でした。

関連記事

  1. 大渋滞
PAGE TOP