202109-578:パフォーマンスも料金のうち

ビフォアコロナ時代の高級フランス料理レストランのウェイターは、新宿歌舞伎町ホストの元祖だったかもしれません。常連客にかわいがられるウェイターは、プライベートの場に呼ばれたりしていつしか常連客と同じモノを持ち始めます。
カルティエ、ロレックス、イタリア製の靴など、ウェイター業務で身につける私物が高級品になっていきます。黒服はお仕着せですが、シャツや靴下は私服です。お客さまからいただくモノやカネが、給料を上回ります。チップが高額になり、通勤にタクシーを使っても、給料はそのまま残るくらいです。
シェフと似ているところがあります、おいしい料理は痩せた貧弱な体格のシェフに作ってほしくはありません。同様に貧相なウェイターには、食べる楽しみをサービスすることはできないでしょう。高額な料理には、カネのかかったウェイターのパフォーマンス料が含まれていました。

GOTOイートが再開されると、息を吹き返すシーンの一つです。

関連記事

  1. どうにもならない
  2. 事故
PAGE TOP