202006-268: 運が悪かったか縁がなかったか

心を病んでしまうような内容の投稿が夥しく増えて、健全な日常生活ができなくなりファイナルアンサーをだしてしまうという悲しい事件が時々ニュースになります。
門外漢としては、SNSを見なければいいのにと思います。
それができないから問題になっていると反論されます。

確かに、二日酔いで辛い思いをすると、もう酒は飲まないと反省します。でも2週間もたつと適量に抑えれば問題ないと飲酒を再開します。
パチンコで大負けしても、2度とやらないというのではなく、今度は上手く打って負けを取り返そうと思います。
ネット上の誹謗中傷は、それを上塗りして希薄化するような大量のポジティブな投稿があれば減災できるかもしれませんが、実現可能性は低そうです。

ネット上の悪い材料の拡散も、リアルな社会での中華ウイルスの拡散と同じかもしれません。マスクをして、リスク優先で危ないところには近寄らない、これで生き延びることができなければ運が悪かったか縁がなかったか、人生いろいろです。

関連記事

  1. イエローコメット
PAGE TOP