202103-109:プジョーロゴ変更

プジョーは1850年創業以来11回ロゴを変更しているそうです。意外な感じがしましたが、企業では節目に看板を少し変えるとか全く別物に替えるとかして企業イメージ向上を図ります。
上場時にコーポレートロゴを刷新するとか、不祥事で企業存続の危機に陥りイメージチェンジで変えるとか、M&Aで変わったことを示すために替えるとか、いろいろです。プジョーは前回のロゴ変更でプレミアムブランド化に成功したそうで、今回は脱化石燃料の流れにのってブランド深化を狙うようです。

自分なりの経験では、IT企業でIPOを意識して社名とロゴを変えたとき、取引先にリエンジニアリングを提案しているはずの若手SEが既存のロゴにこだわり、変化を嫌う抵抗勢力になったことがありました。想定外の反発にあっけにとられたことを覚えています。

プジョーは1850年の創業以来、ライオンのロゴをエンブレムに用いている。過去に10回、ロゴが変更されており、現在のロゴは2010年に登場したもの。よって11年ぶり11回目の刷新となる。
同社は2020年には208、e208が欧州カー・オブ・ザ・イヤーに選出されるなど過去10年間でプレミアムブランド化に成功。そして今後は電動化が進み、ブランドのイメージがより重要となってくる。

プジョー、11年ぶりに11回目のロゴ刷新、ライオンの頭が象徴に

関連記事

  1. 早朝出勤の効能
PAGE TOP