202002-66:履きつぶす楽しみ

フロリダタンパのNBテニスアカデミーに1泊したことがあります。
往年のボルグがデカラケで練習していました。3万円のラケットがたくさん売れた頃、松岡さんが現役で大阪城のホールでアガシとエキシビションマッチをやった頃の昔話です。
アカデミーで練習しているスターの卵たちは、スポーツシューズをたくさん履き分けていました。トレーニング用、練習用、練習ゲーム用、本番用、日常生活用、デート用など。トレーニングや練習用のシューズは短いサイクルで履き替えていたようです。本来の機能を短期間に消費しているようでした。学生時代にコートシューズのアッパーに穴が開くには1年はかかりましたので、練習量の違いに驚かされた覚えがあります。
昨今、ウォーキングでこの数年間に3足履きつぶしました。アウトソールがすり減って壊れました。シューズが不良品とか華奢なつくりではなさそうです。名のあるアウトドアブランド品ですから。むしろ履きつぶしたことに達成感を覚えるくらいです。また、新しい靴を履ける楽しみも味わえます。

関連記事

  1. ロビ音頭
  2. 自転車
  3. 一日一件
PAGE TOP