202002-65:虫の知らせか正夢か

久々に悪夢というか寝ざめの悪い朝でした。
すでにサポート契約を終了している元取引先の経営者が登場しました。
大磯ロングビーチで快適にクロールのあと、ラウンジでゆったりコーヒータイムを楽しんでいる時です。ヘアスタイルを変えるといわれました。自分で頭を剃ってスキンヘッドにするとのことでした。現状を理解しました。会社をたたんで自己破産という今後地元を上を向いて歩けない選択をされたようです。
次の場面では、社長室でまわりが組織変更の確認作業をしている最中なのに、自分だけ蚊帳の外でした。名刺の発注リストの名前が載っていません。非常に楽観的に考えれば自分は現状維持で部署もタイトルも変更なしとなります。もやもやしているうちに目が覚めました。
もう17年も前に事業主になっています。もうこのような勤め人の不安や心配とは縁がない暮らしをしています。しかしながら、小学校から不特定多数のライバルと競争しながら自分なりの夢を追いかけてきたのですから、思い出すのは仕方ありません。嫌なことは時々思い出し、楽しかったことはすっかり忘れています。まだまだ修行が足りません。

関連記事

  1. 廃業
  2. ゆいP
  3. 肩腱板損傷
PAGE TOP