201906-170:ある映画のセリフの一節。

ある映画のセリフの一節。
=====
完璧なリズムをたたけない者が、少しでもリズムが乱れるとすぐわかる。
完璧な円を描きない者が、円がすこしでも不完全だとすぐわかる。
それどうでもいいじゃん。
まっいいか。
=====
よく見るシーンで、経験もしたことがないのに「xxのいったい何がわかるの!」とかいうお決まりのセリフがあります。これって違うんじゃないの。たとえ完璧な円が描けなくても、完璧な円ではないといえるということです。部外者の覚える違和感・ちょっと違うというのは無視してはいけません。広く浅く、聞く耳を持つことは、今更ですが正しかったような気がしてきました。

関連記事

  1. 義援金
  2. 村上世彰
  3. ベゾス
PAGE TOP