金言−517:2012年からは手帳を断捨離

本年もまた、年賀状を準備する季節がやってまいりました。昨今、年賀状にぜひ会
いたいと追記してくれた知人の多くが、次の年は喪中はがきとなってきました。そ
こで、2011年から例外なしで年賀状を出すのをやめました。年に1回年賀状の
やりだけで近況を伝えあってきた人たちと勝手に音信不通になりました。郵便局職
員の稼ぎに協力したくないという気持ちも背中を押してくれました。
年賀状廃止のもうひとつの言い訳は、このメルマガ定期発行です。何人かの先輩や
友人の方々はこのメールマガジン「金言」の読者登録をしていただいていますので
、このメルマガを週に1回発行することで、自分なりに近況報告をしてつもりにな
っています。

今年は加えて手帳を買うのをやめることにしました。お気に入りの手帳の2012
年版をamazonで注文しようと検索したとき、いつもの送料無料でないことで何か違
和感を覚えました。刑事ドラマのお約束のシーンで手帳を見ながらアリバイを証言
するような場面は、現実では一度もありませんでしたし、これからもなさそうなの
で、永く続けてきた紙の手帳に記入することをやめてもいいかと思いました。

行動記録やTODOは電子ファイルにも入力してきましたので、バックアップをき
っちりととることを必須条件にして、手帳に記すべきコンテンツはパソコン入力に
絞り、紙の手帳と別れることにしました。

関連記事

  1. 外資に転職
PAGE TOP