金言−488:株やFXで儲けた話しは不評

投機(博打)で儲けた話しと投資で儲けた話しでは、聞き手の反応が違います。

週末に馬券を買うのを楽しんでいる人に共通するのは、勝ったときの勝ちの内容や
いくら儲かったかという成功事例だけを話す愛好家が多いようです。

負けた話しは沢山あり、また思い出すと面白くないので嫌います。周りで自慢話を
聞かされる人たちも、他人が儲かった話しを聞いて不愉快になることは少ないと思
います。酒席でも天気の話と同じくらい当り障りのない話題となっています。

ところが、株やFXで儲けた話しは不評のようです。馬券購入と違い、株や外貨の
取引は投機(博打)というより計算された投資という性格が強いので、これで儲か
ったという話しは、第三者には面白くない話題のような気がします。

投票者の気まぐれや幸運で結果がでる博打は、勝っても負けても時の運ということ
で軽い話題になります。

一方、株や外貨取引は、博打と同じように他人が大負けした話しは心地よく聞こえ
てきますが、儲け話しは儲け損なった人たちには耳障りな話題になりそうです。

儲け話には胡散臭いインサイダー取引などが絡んでいるという連想をするためかも
しれません。「未曽有」とか「1000年に一度」という昨今、競馬より株式での
損失が巨額な個人投資家が増えたのでしょう。

関連記事

  1. lucky
PAGE TOP