金言−484:悪い人と知りつつ、リスクをとってハイリターンを狙う人たち

先週末、東証一部上場の情報処理企業を商社系の同業者がTOBをするという新聞
観測報道がありました。TOBされる会社の株価は当日大きく上昇し、終値は39
3円でした。

一夜あけた金曜日、前日393円で引けた会社の株は、何とストップ安となりまし
た。買い手不在の売り気配でした。理由はTOB価格が203円だったからです。

例外はあるでしょうが、投資家のコンセンサスとして、TOB価格設定のお約束は
、時価にプレミアムのおまけがついた価格になっていましたので、予想外のネガテ
ィブサプライズでした。

多くの場合TOBを発表すると株価は上昇します、それが今度ばかりは当てがはず
れました。木曜に買った個人投資家は、買った翌日の金曜から損切りをせまられま
した。評価額は一日で20%減です。

そして不思議なのは、株価は上がるというお約束にもかかわらず上昇中に大量に売
った人たちがいたことです。この人たちは、返済買いで1株あたり最大190円の
含み益を手にしたはずです(393円-203円=190円)。

もうひとつ腑に落ちないのは、1株393円に上昇した会社は、創業者から野村証
券出身者が経営を継承した会社であったことです。創業者が作り上げたソフトウェ
ア会社をこの人たちは、得意の金融・不動産部門に事業の柱を移し、その結果80
%の資産を失いました。今回、自力再建を諦めての経営統合というのが投資家向け
広報の内容であったはずですが、やはり本業のマネーゲームをしかけたのかもしれ
ません。

個人投資家は個人の好みでこのゲームに参加するかどうかを決めます。悪い人と知
りつつ、リスクをとってハイリターンを狙う人たちもいることでしょう。

北アフリカの地政学リスクが緩和すると、このゲーム内容が株屋さんや職業コメン
ト屋さんのしのぎの材料になるかもしれません。

関連記事

  1. 大渋滞
PAGE TOP