金言−844:命がけで社業に励んだ証

明けましておめでとうございます。

お正月に昔お世話になった職場の何人かの上司のうちの一人の風のうわさが届きま
した。ある年、ご家族からもう年賀状は不要になりましたという寒中見舞いが届き
ました。それっきりのご縁でしたが、今年の賀詞交換で背景がわかりました。

役員に昇進してたくさんの意思決定をしたなかで、この人にとっては、おそらく役
員最後の意思決定となった件です。もちろん会社のため、同族企業のカリスマオー
ナーに喜んでもらうための意思決定であったはずです。野次馬の後講釈では「調子
に乗っちゃって」という評価になりました。
内容はともかく、この意思決定が会社にとって、近隣の企業にとって計り知れない
不利益をもたらしたため、オーナーからきついお叱りが受けました。通常のお叱り
なら坊主になって反省を可視化することで勘弁してもらえます。今回は暴れん坊将
軍が家臣に向かって「腹を切れ」というシーンになったのかもしれません。
叱られた本人にとっては、回復不能な精神的なダメージとなり、体調を崩し亡くな
りました。今ならパワハラとか不当何とかとかいって損害賠償訴訟に発展するかも
しれません。

本件は、家臣が主君に代わり主君のために実行したことを主君が理解しなかったと
いうことではなく、家臣が忖度して決定したことが結果として会社に大きな不利益
をもたらしたことが主君の逆鱗にふれたわけです。結果をだせということでだした
結果がよくなかったのです。「結果だ結果だ結果だ」と10回繰り返しているうちに
生きのびる道を見失ってしまったのかもしれません。命がけで社業に励んだ証にち
がいありません。あらためてご冥福をお祈りいたします。

年賀状にまつわる悲話のひとつであります。

関連記事

  1. 大泉洋
PAGE TOP