金言−729:モノを大事に長く使うこと

プロ野球投手のマー君の奥様、おバカキャラで稼いでいた印象しかないのですが、
実はコリン星のおねーちゃん同様に芸のひとつであったようです。大金を稼ぐマー
君夫人のこの人が10着の服で暮らす生活スタイルを実践しているということが話題
になったことがありました。フランス人主婦が提唱しているとのことでその本を読
み勉強させてもらいました。
以来、我が家のタンスの中身が変わりました。買った当時たとえ高額であったとし
ても、2~3年以上着ていない衣類は処分しました。もったいないとかいつか着る
ときがあるかもしれないとか、また欲しくなった時は買えないとかいう不確かな未
来に備え・保管することをやめました。そして、代わりに購入した衣類でも、着心
地に問題があったり違和感を覚えたりしたモノは、セカンドチャンスは与えますが
3回目はアウトにしました。
そうすると、タンスの中身が減りました。
いつでもお気に入りの服がでてきます。(お気に入りの服しか残っていないので)
そして、季節ごとに、いままで少し高めで買いそびれていた服も、タンスの中で競
合しないかぎり、買うことにしました。これで、買う楽しみも味わえます。
お気に入りのモノを大事に長く使うというのは、
こういうことかと半世紀以上かかけてようやく学んだ次第です。

関連記事

PAGE TOP