金言-115:パチンコと投資信託

1)オーナー:先物・オプションディーラー

2)パチンコ投資

悪友:俺に金を貸せばパチンコで増やしてやるよ。パチンコは難しいから、慣れている俺にまかせろ。もしお前がうまくいったとしても換金方法も知らないだろう。

質問:君が失敗したらどうなるの。悪友:それはお前の自己責任だ。

3)投資信託証券会社のコメント:

「自己責任です。リスクはすべて購入者の負担です。預かった資金の運用結果は公開しますが、運用過程を公開する義務はありません。販売手数料はいただきます。」

4)類似性

「俺に貸せば増やしてやる。」
「失敗したらお前の責任だ。」

あとがき

1月29日は長い一日でした。早朝午前2時に目が覚め、そのままペンディングの仕事を片付けはじめました。朝9時になると株価が下落、前日利食いして逃げ切ったと思った株だけが100円近く上昇し、損した気分になりました。(この株は翌日も上昇し、またまた自分には博才がないことを実感させられました。)

そして、午後になると、共同で出資している会社にこれ以上投資しないと、夢を共有したはずの仲間から「損切り」の書留郵便が、届きました。織り込み済みなどと強気に反応することも可能ですが、今回は目前に大きな案件を2~3抱えているので淡々と事務処理することにいたしました。

スクラップ&ビルドです。ベンチャーは、藁をもつかみ粥をすすっても、ギブアップはしません。ネガティブインパクト?とんでもございません。

関連記事

  1. トイレ
PAGE TOP