金言−711:報告・連絡・相談

かつて社員教育やビジコンの研修などの経験があるが年配社員は、社内では「報告
・連絡・相談が基本」と即答します。
実行しているかいないかは別として、「ホウレンソウ」は社内の意思疎通をはかる
のに必須のビジネスマナーといわれていることを、多くのサラリーマンは知ってい
ます。上司に聞かれたら、そう答えれば正解になるからです。
実はこのビジネスマナー、上司が部下に一方的に求めるもので、情報共有とは別物
です。部下に要求する内容と同じ程度の情報を、上司は部下に開示いたしません。
上司は自身が保有する情報のなかから、部下に必要と思われる情報を選択して公開
します。
たとえば、会社倒産を、従業員は上司からではなく外部のニュースで知ります。会
社が破綻しそうになっているとき、上司は部下に現状を「報告・連絡・相談」しま
せん。会社の存続にかかわる重要情報を事前に部下に知らせると、さらに状況が悪
化するからです。
いずれにしろ、営利企業での人間関係は自由・対等・平等かもしれない各種の緩い
サークルとは違います。自由は与えられるものではなく勝ち取るものだと欧州の商
人は市民革命以来学んでいますし、必要な情報も供与されるものではなく収集する
ものなのであります。

関連記事

PAGE TOP