金言−675:先祖伝来の家宝はありません

我が家には先祖伝来の家宝は皆無です。
特に祖父から伝わったものはありません。理由は、大正の関東大震災と昭和の米軍
による空襲で2回家が焼かれたからです。有価証券、貴金属など換金可能な財産は
焼失したそうです。金は溶けても残るので焼け跡を探したそうですが、見つからな
かったと祖母から何回も聞かされて育ちました。祖父が猟で使ったウィンチェスタ
ーの猟銃がしばらくありましたが、父が警察に届けて処分しました。
父はバブル後に資産をかなり失ったようですが、それでもいくらか遺しました。
お宝といえば、当時の大蔵省から永年勤続でもらった金杯と銀杯です。金杯は弟に
渡しました。銀より金のほうが長く父の形見として大事にしてくれるだろうと思っ
たからです。
父が遺した事業資金は、平成の時代にITバブルやリーマンや東電メルトダウンなど
の1000年に一度の未曾有の事象のおかげでほとんど消えました。おまけに、断捨離
ブームにのって、自分なりのコレクションへのこだわりを断ち、換金不可の記念品
類も捨てたので、思い出の品もほとんどありません。
ただし、放棄するわけにもいかないし、仮に処分するにも役所への届出とお寺さん
への支払いなどカネと手間のかかるお墓だけは残っています。これだけは次世代へ
継承するつもりです。
どうやら、我が家では、換金可能な家宝の出現は当分期待できないような気がしま
す。どうせ最後に川を渡るときは何も持っていけないだからと納得しています。

関連記事

  1. 就職氷河期
PAGE TOP