金言−387:新聞購読をやめてみました

大学時代から続けてきた新聞の定期購読を休止しました。月間購読料の半額程度の
料金を払えばインターネットで新聞の情報が得られるというので、紙からデジタル
への乗り換えを試すことにしました。3月はそのサイトの立ち上げで無料というこ
ともあり、とりあえず、新聞購読をやめてみました。テレビのニュース番組では各
社の新聞紙面をネタにして情報を流しているので、テレビの報道番組にインターネ
ットからの情報を上乗せすれば紙媒体に触れなくても不自由はないと思いました。

新聞の配達がなくなった当初は、何か不安で、テレビとウェブサイトからニュース
や情報の収集を積極的に実行しました。1週間も経過する、優先事項ではなくなり
ました。テレビを見ない、新聞を読まない有識者(新聞を読まないという政治家も
います)がいることは聞いたことがありましたが、現実的ではないように感じてい
ました。ところが、実際に紙媒体から距離をおいてみると、それほど不自由ではな
いような気がしてきました。とても重要なことは、民放テレビの情報番組で繰り返
し説明してくれますし、詳細はウェブサイトでリアルタイムに検索することができ
ます。また、特定のジャンルについては登録しておけば無料メールが届きます。ま
た、新聞ラテ面が手許にないため娯楽番組で貴重な時間をつぶすことも少なくなり
ました。

1ヶ月半経過した現在、新聞購読をやめたことに不便を感じることなく、逆に、新
聞を読まないことで味わう開放的な気分を楽しんでいます。それから、今後2年間
の新聞購読料相当分で、最新のPCを1台購入しました。

関連記事

  1. 神輿を担ぐ
PAGE TOP