金言−535:快適な眠りで明日に備えたい

週末の昼、たまにはということで近所の「ほっともっと」で弁当を買いました。
なんと「タニタ食堂の100kcalデザート」が陳列されていました。体重計の
会社「タニタ」と「森永乳業」が共同開発したデザートで100キロカロリーの
カスタードプリンでした。

株式会社タニタは非上場の会社で業績は非公開ですが、「丸の内タニタ食堂」が大
ヒットしているとのことなので儲かっていると推測します。このタニタの次の新規
事業は「快眠ルーム」プランを分譲マンションに導入するというもののようです。

1000年に一度の天災・人災に続き、今度は2000年に一度の東海・東南海・
南海の同時多発大地震と富士山噴火に首都直下型地震が必ず発生すると政府が認め
ている先行き不透明な昨今、快眠関連ビジネスは時代のニーズに合致しています。

いわゆる枕を高くして眠れない状態が、いつかはわかりませんが、確実に今後さら
に深刻になるという国土で暮らしているので、快眠は救いになります。目がさめれ
ば地獄かもしれませんが、それでも快適な眠りで明日に備えたいと思います。
近未来を諦めないかぎり。

関連記事

  1. 同窓会
PAGE TOP