金言−345:短期取引

『東京の人にはわからないと思いますが、「あの人」が信用できる人どうかは、関
西の人間にはわかるのです。』と、某業界大手の専務さんから言われたことがあり
ます。

いわゆる、人を見る目はあるということ以外に、微妙なことを言われたのではない
かと最近気がつきました。東京の人間にはわからない関西特有の事情といえば、平
安時代から続く差別と東アジアの半島を植民地として統治した明治時代からの民族
問題があります。苗字や居住地や顔つき、しぐさなどで、ルーツが想像できるよう
です。さらに差別者と被差別者の間で予想される行動・思考パターンなどの暗黙知
を加えることで、この専務さんは「あの人が信用できる人かどうか」分かっている
とコメントされたのかもしれません。

そして、この専務さんは「あの人」を信用できない人物と評価した上で、信用して
いるふりをして、「あの人」が持ち込んでくる胡散臭い案件に関心を示しました。
その案件にのれば、利益から報酬を請求されるのは当然として、仕入れや必要経費
にまで法外な取扱手数料を上乗せされることを知っていながら、それでも儲かると
計算されたのでしょう。

いわゆる「WIN・WIN」の紳士的な取引ではなく、必ずいつか破綻することを
知りながら、自分だけはババをひかないことを前提にした何でもありの短期取引で
した。専務さんにとって、「あの人」との付き合いは、業界大手として右肩上がり
の恵まれた収益環境のもとで通用したビジネススタイルです。半年以上先のことは
不確実ですが、1週間から1ヶ月程度は何となく予想がつきます。「あの人」との
付き合いは、きっちりと一線を画した短期取引であったと、最近になってわかった
ような感じがします。

関連記事

  1. あぶない姉妹
PAGE TOP