金言:266:感謝

平成18年最終号となりました。
この1年、お付き合いいただきまことにありがとうございます。

若い頃から、所属した団体の行動目標や指針とする標語(校訓、社是など)で、共通
していた言葉が「奉仕」でした。「人となれ、奉仕せよ」(Be a man and serve
the world)というのが中学校の校訓でした。その後、いろいろな組織や団体に属し
ましたが、いつも「奉仕と感謝」がキーワードでした。人生の節目で、この言葉に触
れてまいりましたが、特別サプライズもありませんでしたので、共通することについ
て気になりませんでした。ITバブルの頃、ベンチャーの起業に関して聞いた講演で
「世のため、人のため」が成功のキーワードだと強調した講師がいました。その人の
ことはすぐ忘れましたが、この言葉は記憶に残りました。

取引先の与信調査という名目で、信用調査会社の部長と名乗る人と面談したことがあ
ります。この人が、経営者として大事な心得を聞いてきたので、「世のため、人のた
め」と答えました。20分ほど話しているうちにこの人は、「詐欺」行為をしている
と感じました。それを見抜いた相手は、急に話を切り上げ、捨て台詞として、「心得
」の正解を教えてやると乱暴にいいました。「納期厳守、品質重視」であるとのこと
でした。精神論では、金は動かないといいました。

しかしながら、もし自分が投資をする立場であれば、投資先の社長に会って話しを聞
き、「この人になら万一だまされても後悔しない」ということを、自分の感覚で確認
します。納期や品質の根底にある「心意気」に金をつかいたいと思います。自分がや
らず、他人に委託するのですから、リスクは他人ではなく自分が負います。餅は餅屋
にといって、自分より儲け上手な人に軍資金を渡して、儲けようとするようなもので
すから、投資金額に見合う程度に相手を信用しなければなりません。そうでなければ
、一天地六の丁半博打になってしまいます。儲けるとは、信じる者と書きます、だか
ら信じる者は救われます。

勝敗は別にして(勝ったときは祝杯をあげ、負けたときは次に期待して)感謝するこ
とが、いいと思います。そして、キーワードは世のため人のためです。

関連記事

  1. キャッシュレス
  2. リスクヘッジ
PAGE TOP