金言:262:十善戒(じゅうぜんかい)

安らぎに満ちた生活を送るための道しるべ。
1)不殺生(ふせっしょう)
  むやみに生き物を傷つけない。
2)不偸盗(ふちゅうとう)
  盗まない。
3)不邪婬(ふじゃいん)
  男女の道を乱さない。
4)不妄語(ふもうご)
  うそをつかない。
5)不綺語(ふきご)
  無意味なおしゃべりはしない。
6)不悪口(ふあっく)
  粗暴なことばを使わない。
7)不両舌(ふりょうぜつ)
  中傷しない。
8)不慳貪(ふけんどん)
  ものに執着しない。
9)不瞋恚(ふしんに)
  怒らない。
10)不邪見(ふじゃけん)
  まちがった考え方をしない。

高尾山の頂上、参道沿いの大きな看板にかかれていました。

◆あとがき

某私鉄のバスを利用したときのことです。最前列にすわっていたので乗客と運転手の
やり取りの一部始終を目撃しました。
年配者が降車時に両替するところを誤って500円硬貨を料金箱に投入してしまいま
した。運転手は、おつりを両替機から出しましたが、機械のシステム上、10円硬貨
しか出ないということで、29枚の10円硬貨を出しました。おつりを29枚の硬貨
で出された乗客は、怒りました。100円硬貨は出ないのかと運転手にいうと、30
代の運転手は、機械の仕組みが10円玉しかでないことを説明しました。それでも乗
客が納得できず文句をいうと「おつりは出したでしょう、文句があるなら会社にいっ
てくれ。自分は関係ない。」と乱暴に応えました。乗客が降りてから「くそじじい」
とマイクを切ってつぶやきました。
年配者の乗客には、怒ると血圧があがり体に良くないから我慢した方がいいと、機会
があれば助言したいところです。(自分が当事者であったら、同じように怒っていた
と思いますが。)

このバス会社の本社で15年間給料をもらっていたOBの一人としては、この運転手
がいずれこの会社からいなくなることを期待します。運送業に携わる従業員には、接
客サービスを軽視する傾向がありそうです。安全運行が最優先するのは当然です。会
社が所有するバスを運転する従業員は、お客様である乗客に対して、「乗せてやる」
という感覚を持っているような気がしてなりません。日銭を稼ぐ商売をしていながら
、乗客には関心がないようです。空のバスを走らせても、自分は困らないと勘違いし
ています。こういうことは、学校では教えてくれないので、採用した企業の先輩従業
員がOJTで若者に叩き込まなければいけません。

関連記事

  1. 報酬
PAGE TOP