金言-203:余計な抵抗

ヨットレースのたとえ話を紹介します。
レース中に船体に海藻がからみついたので、クルーがカギ竿で掻き落とそうとしまし
た。このままだと海藻が抵抗となりスピードが落ちると思ったからです。
しかし、仲間のクルー全員が反対しました。
理由は、海藻の抵抗より、カギ竿での作業の方が水の抵抗が多いからです。無理に剥
がせば余計な抵抗が増えスピードアップにはならないということでした。

抵抗といえば、スピードウェイでの長時間耐久レースでストリーム走行というのがあ
りました。前の車の後ろにピッタリと張り付いて走るテクニックで、前の車がつくる
空気の流れが、後ろを走る自分の車を引っ張る効果があります。燃料の節約になり、
長時間の耐久レースでは給油量が減るのでピットインの時間が前車より少なくなると
いうメリットがありそうです。
しかしながら、デメリットもあります。前の車がつくるストリームから抜け出し追い
抜くときに、ストリームの抵抗にぶつかってしまいます。

ビジネスの世界でも、「人の後ろを歩くのに慣れてしまう」とナンバーワンにもオン
リーワンにも無縁な道しか歩けなくなってしまうかもしれません。

関連記事

  1. ギャザリングテーブルパントリー
PAGE TOP