202007-382:有線に戻しました

パソコンのキーボードは消耗品です。
ブルートゥースが登場して無線のマウスとキーボードが市販されたときは便利さに期待しました。1.5M程度のケーブルの移動範囲から解放されることは素晴らしいと思いました。でも当時のモニターは大きな箱型で設置場所が限定され大きさもそこそこだったので距離が離れるとモニターの文字が読めませんでした。それでも無線のデバイスは主流となり、使うことに疑問は感じませんでした。無線タイプを何台も買い替えました。

ところが昨今、ブルートゥースのデバイスが増え、混線したり動きがとろくなったりするようになりました、もちろん乾電池の消耗に気が付かないというガス欠でエンストのようなケースもありますが。

そこで、バッテリー不要で混線もない直結の有線デバイスに切り替えました。
線が邪魔とか、デスク周りがごちゃごちゃするとかいう見た目の問題はありますが、誤作動しない有線のキーボードとマウスにしました。価格も割安です。おかげでレスポンスの不安定さから解放されストレスが減りました。

関連記事

  1. ポタリング
  2. U型ロック
PAGE TOP