202001-34:売り子の私語

都心で30分ほどのアイドルタイムにデパートに立ち寄りウィンドウショッピングを楽しみました。最新モデルを物色しました。最近は出張でも旅行でもアウトレットでお気に入りのブランドのお店で安くなった商品を手に入れるのを楽しんでいます。
久しぶりのデパートで定価販売の新しいモデルを見るとやはりいいものはいいと納得します。でも、売り子の数の多さに違和感がありました。小さなコマに1人2人と売り子がスタンバイしています。声をかけてきます。見てるだけの立場としては、少しうっとうしいです。それに加えて、平日の午後で暇なのか、売り子が私語を交わしているテナントがいくつかあり、大きなお世話ではありますが、気になりました。この人たちの人件費が商品代金に上乗せされていると思うと、百貨店での買い物は控えたい気分になります。

関連記事

  1. 富裕層
PAGE TOP