金言-127:ネットワークビジネス

1)コメント:個人投資家
既得権で優雅に暮らせるビジネスで成功したご婦人のサクセスストーリーを拝聴する
機会がありました。他の分野で成功している人と同じ感覚を共有していることがわか
ると、自分は自分の分野では優位性をもっていると自己評価できます。

2)成功する理由
米国で成功しているビジネスモデルで、まだ日本に導入されていない場合、最初にこ
れを導入または導入初期に参加した場合は創業者利益をしっかり享受できます。製品
なり販売コンセプトに優位性がある場合、素人が始めても成功します。

高給を保障されている専門職のご主人をもち、豊かで安定した生活をしているご婦人
が始めれば、成功の確率はさらに高まります。アフリカの雨乞いの祈祷師と同じ理屈
です。この祈祷師にお願いすると必ず雨が降ります。なぜなら、この人は雨が降り出
すまで祈祷をやめないからです。同様に、何不自由のない生活を保障されているご婦
人なら、成功するまでニュービジネスを継続できます。時間と費用をつぎ込んで失敗
した場合は、サクセスストーリーを披露する場所はありません、敗軍の将として表舞
台からの退場となります。

3)自己責任
ネットワークビジネスでは、権利収入というおいしそうな成功報酬が目の前にぶら下
がっています。製品の優位性が、巨額の負債を抱えている人やリストラ予備軍のサラ
リーマンに、お金持ちグループの仲間に入らないかと囁くのです。現状打破するには
、これに乗らなければいけません。ただし自己責任です。

日本語でいう自己責任は、英語でいうとat own riskとなります。自己責任でという
日本語には、リスクとリターンの取引感覚があまり含まれていないような印象を受け
ます。

4)仕掛け
モノを買うときは、買って得した気分になりたいものです。買う喜び、所有する喜び
、意思決定する喜びを提供しなければ、対価としての利益はもたらされないという仕
掛けを忘れてはいけません。

◆あとがき

堀場製作所の会長さんの、「議論を始めてから少なくとも15分以内に結論を言って
ほしい。理想は1分以内ですが。」というコメントが新聞に掲載されていました。そ
の場でさっと意思決定ができないとしたら、時間をかけても同じでいい結果が出る可
能性はありません。意思決定にはスピードが肝心です。スピード感がないのは、機が
熟していない、相手が意思決定をする立場にない、または意思決定者に必要な資質を
欠いているなどの理由があるのでしょう。
今週から、相手の意思決定待ちや連絡待ちなどの待ち時間の幅を短縮しました。

関連記事

  1. 喜ぶ
PAGE TOP