201910-340:7億円着服

mac

1月に転職し10月に逮捕というわずか10ヶ月で転職先から7億円着服という生涯賃金を上回る横領事件がありました。連結で前期利益は200億を超えていますので、会社にとっては軽微な経営資源の減少かもしれません。カネの管理には特別厳しい金融業者でも数年に1度巨額な横領事件が明るみにでていますので、社員の逮捕は大変遺憾で、再発防止に努めるとコメントしても根絶はできないでしょう。
自分の周囲でも横領事件が昔ありました。親が先代社長の番頭格、息子3兄弟がグループ会社の幹部社員。その3兄弟の末っ子が社判を使って横領しました。その結果、子会社は赤字に転落。社長交替の引き金になりました。この一家は全員退職、2代にわたって励んだ輝かしい業務履歴が書き換えです。末子の粗相で一族郎党が連帯責任。もっとも、親の威光で永年優遇されてきた子供たちですから、振り子が逆に振れただけのことです。

警視庁新宿署は25日、日本マクドナル務税務IR部統括マネージャーの西町崇容疑者(38)を業務上横領容疑で再逮捕したと発表。今年1月以降、会社の資金計約7億円を着服したとみて捜査している。

日本マクドナルド社員が7億円着服

関連記事

  1. モーセ
  2. 人生100年
  3. 首里城全焼
PAGE TOP