金言-88:禁煙5か条

1)オーナー:東京大学教授

2)禁煙するための5か条

その1:禁煙したいという強い意志を持つこと。
その2:禁煙したことを多くの人に話さないこと。
 (喫煙者からの誘惑を避けるため)
その3:生活パターンを変えること。
 (タバコを吸っていたシーンを改める。コーヒーを飲むとき喫煙しているならコーヒーをやめる、パチンコのしているとき喫煙しているならパチンコをやめるなど)
その4:喫煙は何回失敗してもかまわない。
 (禁煙はエネルギーがいるので、失敗しても再挑戦することが肝要)
その5:とにかく実行すること。
 (X月X日からではなく、思い立ったら即実行する)

3)冷たい水

タバコには、4000種以上の化学物質、200種以上の発ガン物質が含まれているそうです。タバコを吸いたくなったら、冷たい水を飲むのも効果があるようです。頭がすっきりするそうです。

◆古賀院長のリフレッシュコーナー: 坐骨神経痛ってどんな症状?

神経の中で、最も太いのが坐骨神経と呼ばれるものです。この神経は、背骨の脊髄神経の下端から発して両足の足先まで走っています。そういう訳で、坐骨神経の痛む範囲は腰から足の指先までと広範囲なので、足先やふくらはぎが痛いからといって、足を揉んだり湿布を貼ったりしても全然治らない時には、この坐骨神経痛を疑ってみることです。

そもそも坐骨神経痛は椎間板ヘルニアによって腰骨部の神経が圧迫されて起こる時に顕著に(痛みが)現れる場合が多いのですが、ヘルニアでなくても症状が現れることがあります。おそらく坐骨神経付近の筋肉のこりや緊張、骨盤の歪みによって間接的に神経を圧迫して起こるものと考えられます。ですから、前者のヘルニアが原因の場合は最悪の時は手術をしなければなりませんが、後者の場合はおしりの周辺や、膝の裏側のツボを肘や指で少し強めに指圧したり、骨盤の歪みを矯正したりすれば痛みは、だんだん治まってきます。しかし、指圧の力加減が難しいのと、場所が一人でできるところではないので、ムリをせずに専門家に任せましょう。

中野坂上治療院
古賀 直樹
http://homepage2.nifty.com/genkigenki/

◆あとがき

横浜ハンバーグのランチマットに書かれていた宣伝コピーをご紹介します。
「お肉は本当に太るの?」
太るのが嫌だから肉は食べないという人、ちょっと待って。お肉は、血液や筋肉を作るという意味でも、健康を維持するために欠かせない食品です。確かに夜遅い時間に食べた肉は、体内でエネルギーになる暇も与えられず,蓄積。肥満や胃もたれの原因となります。早い時間に肉を食べ、パワフルにその日を過ごす。ちゃんとつきあえば、強い味方になる。それが、お肉なのです。

関連記事

  1. 占い
PAGE TOP