201907-930:歯周病菌の3つの悪さ

歯周病

3ヶ月毎の歯科健診で今回学んだことです。
糖尿病をはじめ、脳血管障害、心臓病・動脈硬化、肺炎、メタボリック症候群……歯周病は全身の病気と関係しているとのことです。
1)歯茎の出血で、歯周病の菌が血液で全身に運ばれ悪さをします。
2)歯周病菌が唾液に混じり、呑み込んだ菌が腸の善玉菌を攻撃します。
3)アルツハイマーと関連があるそうです。
歯科の学会の基調講演では歯周病とアルツハイマーの関連に多くの時間が割かれているそうです。
歯のトラブルは、虫歯で歯が痛いとか、歯周病で歯が抜けるとか、実はもっと深刻な問題を抱えています。
歯の健康は大事だということです。

関連記事

  1. エスカラ
  2. 肩腱板損傷
  3. ゾゾ離れ
PAGE TOP