201906-178:腱板損傷リハビリの目に見える成果として

逆上がり

先日、日帰り出張で438KM走りました。
安全のため、何回か休憩しながらロングドライブを楽しみました。
ロングドライブ
トイレ休憩で公園に立ち寄った際、ブランコや鉄棒などの遊戯施設があったので、ふと逆上がりをしようとしました。最後に逆上がりをしたのは高校2年の体育の授業だったような気がします。今回失敗、こつをすっかり忘れていましたので思い出すためのエネルギー消費を惜しみやめました。
次に懸垂を試みました。2カ月前にポタリングで右肩腱板損傷という傷害保険適用可能な怪我をしたことを思い出し、魔が差す前にやめました。
とにかくストレッチと気分転換をして、安全運転の継続を心がけた次第です。
逆上がりは小学生の頃に覚えましたし、懸垂も20回はできましたし、でも今はできそうにもありません。だからどうしたというわけで、リスク優先で時の移り変わりを体感するにとどめました。でも、腱板損傷のリハビリの目に見える形での成果として、次回はやってやろうと思っています。

関連記事

  1. kakuo
  2. 関税
  3. 富裕層
PAGE TOP