美しいものは誰が見ても美しい

ブスと美人の評価が入れ替わる設定のドラマを録画で少し見ました。
少し見て、録画を消去しました。
美しくないものに優位性を与えるのは無理があります。
美味しいものは誰が食べても美味しい、
美味いワインは誰が飲んでも美味い、
美しいものは誰が見ても美しい、
とか

ただし、好みはあります。
美しいを誰もが好むわけではありません。
世の中、斜に構えて自分はそうは思わないと言う人がいつでもどこにも必ずいます。
美しいものの美しさを否定するのではなく、好きか嫌いかという別のモノサシで評価しているようです。
斜に構えると流れに乗ることができません、
商人はそういう儲からないことはいたしません。
美しいものを手に入れたら、それをカネに変えるにはどうしたらいいかを考えます。

関連記事

  1. モーセ
  2. 同窓会
  3. ハーレー
  4. JALカレンダー
PAGE TOP