金言−847:金!それとも銀?

高校2年の春、エントリーナンバー2で、優勝したことがあります。
その秋は2位が2回ありました。

勤め人時代の初期、ご自分のラッキーナンバー4を社名に入れた少し年上の経営者
と知り合い、3年ほど取引がありました。キャンティで会食中に、社名が話題にな
りラッキーナンバーを聞かれ、2と答えました。当時は金より銀、1番より2番が
好きでした。2番から1番を狙うチャレンジ精神をモットーに掲げていました。車
もトヨタではなく日産を好みました。追われる立場ではなく一つ上を目指して日々
精進していこうと考えました。

外資企業のオファーがあって、転職したときもNO2の立場でした。そこまでは高校
時代からのラッキーナンバーの続きでした。ところが、欧米の商人と渡り合ううち
にNO2とNO1は全く違うことを学習しました。カネで換算すれば1位と2位では獲得
賞金の額に著しい差があります。大統領選挙では2位は落選です。

永年勤め人稼業を続けて教わったことは、2位が1位になることはほとんどないと
いうことです。1位になるにはそれなりの理由があり、2位は2位で1位になれな
い理由があります。しかしながら救いはあります。個人の領域では起業と同様、初
めから銀ではなく金を選ぶことができます。というわけで、あれから創業13年、
今ではすっかり金が好きになりました。

関連記事

  1. お中元
PAGE TOP