金言−780:「やればできる」思い違い

「可能性は無限である」というのは、実は自分の身の回りには存在していなかった
し、これからも出現することはないことを悟るのには、ずいぶん時間がかかります
。平たく言えば、いままで実現できなかったのは、本気をだしていなかったからで
、これから先も「やればできる」と勘違いしている気持ちのことです。
団塊の世代は、小学校の頃から欲しいものは、複数の同世代の仲間うちで競争し、
分け前にありついてきたという過去があります。
常に競争して、勝ち残って、私企業なら幹部社員から役員にまで登りつめる一握り
の勝ち組は別にして、大多数はある時、これ以上前にも上にも進む可能性がほとん
どないことを自覚させられる時が来ます。
自分ではできると思っても、評価する者がそう思わないということです。
繰り返しになりますが、転職してステップアップを繰り返してきた勤め人が、ある
ときから、オファーが例えば部長職どまりとなります。
そのときはじめて、先行きに限界を感じます。
では、どうするかというと、先頭集団に追いつくのを諦めるか、下位グループでゴ
ールを目指すかという選択になります。
いずれにしろ、人生いつ終わりになるかわからない耐久レースですから、諦めない
限り、チャンスは複数回めぐってきます。そのとき、逡巡するか、ダメモトで一歩
踏み込むかです。三振を恐れてバットを振らなければヒットはありません。四死球
やデッドボールで出塁を目指すのは美しくありませんし。
結局、まだ、「やればできる」という勘違いが続いているわけであります。

関連記事

  1. 占い
PAGE TOP